30代童貞こじらせ男の記録

散りゆくままに、徒然と、

魅力ある人

f:id:tureture30:20180627074931j:image

 

信念を貫こうとする人

理性的で常に正しくありたい人

いわゆる人格者を"志す"人と一緒にいると

息が詰まってしまう。

 

さらにその人たちの至らぬ点が目に付くと、

必要以上に嫌悪してしまう。

 

完璧な人間などいないのだから、

 

しかし、「他人から自分にしてもらいたいと思うような行為を人に対してせよ」

いわゆる黄金律に傾倒した考えにも粗暴さ感じる。

 

「自分がしてもらいたいことは

他人もしてもらいたいはずだ」ということが前提にあるから、

 

それならば大事なことは柔軟性、

妥協点をうまく見出す能力に優れることか。

臨機応変に対応する頭の回転の速さ、

 

人の魅力とは、

そこからくるものなのか。

どうも違和感がある。

 

「人の魅力」という定義も人によって違うもの、

 

詰まる所、

自分がどのようになりたいか。

何を目指すのか。

そこにしか答えはない。

それを他人に強要するものでもない。

 

誰にでも好かれる必要はない。

誰にでも好かれることはできない。

 

その価値観に共感する人からだけ好きになってもらえれば、

幸せは自然と掴めるのかもしれない。

 

自分の思う魅力的な人間を目指せば、

共感する人とは親しくなれるはず、

 

自分が魅力的な人間からかけ離れていれば、

同じような人と親しくなる。

 

迷わず行けよ。

行けばわかるさ。

 

自分を愛せぬものに、

他人を愛せるはずなどない。