ギルド

f:id:tureture30:20180808070203j:image


人間という仕事を与えられてどれくらいだ。

ふさわしいだけの給料、

もらった気は少しもしない。


いつの間にかの思い違い、

「仕事ではない」わかっていた。

それもどうやら手遅れ、

仕事でしか無くなっていた。

 

 

生き方を選択する自由、

選択する暇もない選択をする自由、


どちらも選ぶのは自分、


環境に耐えられないならば、

全力で逃げ出せばいい。

頼れるものはなんでも頼ればいい。


ただし、利用してはいけない。

感謝を忘れてはいけない。


人間という仕事の本質は、

命を大事にすること、


悪意など受け取らなければいい。

善意を抱きしめて、

それを忘れないこと、


それに報いようと懸命に生きること、


それだけで立派な生きる理由となる。

だからこそ死別は悲しい。


その悲しみを乗り越えて、

自分が世界と別れるまで命を燃やし続けること、


それが人間という仕事、