裏切るということ

f:id:tureture30:20180823073141j:image

 

本人に直接、悪口を言うこと、


それを裏切りとは言わない。

そこに覚悟があるから、


いい顔ばかりしていると、

どこかに歪みが生じる。


こちらを立てるためにあちらは立たせられず、

結果として自分を守るために都合の良い方を切る。


表ではいい顔をして、

裏では人を切る。


「自分を守るため」

それを盾にしての「私は悪くない」

覚悟も何もあったものではない。


きっかけはあいまいな態度、

「これくらいならいいだろう」の積み重ね、

不安を軽減するために誰かを利用する。


自分を守るためにしたことで、

気がついたら戻れないところにいる。


裏切りを裏切りで隠す負の連鎖、

誰かの心を傷つけて、心が傷つく。


抜け出す手段は誠実であり続けるのみ、


ただただ、

許してもらえるまでいつまでも、


覚悟を持って、

誠実であり続けるのみ、


あきらめたらそこで相手との関係は試合終了、


傷つく覚悟のないものの恋愛なんて、

恋愛ごっこ、

 

誰と一緒になっても先に未来はない。