傷つけられたくない心理

f:id:tureture30:20180912072830j:image

 

経験が邪魔をする。

一歩踏み出せばつかみ取れるはずなのに、

 

過去の失敗が尾を引いて、

その一歩を踏み出させない。

 

その一歩を踏み出せなかった経験が、

自己否定につながる悪循環、


自分と向き合うために、

人と向き合うために、

心を無防備にしなければならない。


それがたまらなく怖い。


傷つけられた経験のない人などいない。

その経験から何を得たのか。


経験を糧にしている人は、

傷つくことによって得るものを知っている。

それが「あと一歩」の推進力となる。


誰だって傷つきたくない。


しかし、現状から希望を見いだせないのであれば、

傷ついた先にまで目を向けて、

そこから希望を見いだせば良い。

 

一度傷ついたならば、

回復に時間をかければ良い。

 

傷が癒えてから、

成長した自分を認めてあげてから、

また勇気を出して傷つきに行けば良い。