人との触れ合い

f:id:tureture30:20180925092836j:image

 

不安な時、

心が弱っている時、

誰かがそばにいてくれたらと思う。


ただうなずいて話を聞いてくれる。

気遣いの声をかけてくれる。


それだけでどれほどの助けになるか。


自分がそこにいてもいいんだって、

この世界の片隅に存在してもいいんだって、

そのような肯定感を生み出してくれる。


ぶつけ合えば争いの火種となる。

与え合えば優しさの礎となる。


コントロールできるのならば、

争いなど生まれない。


感情というものは扱いが難しい。


距離が近すぎると、

費用な心配が不信感を生む。


遠すぎると、

わかり合うことができずに不信感を生む。


程よい距離で、

互いを尊重すること、


国でも個人でも変わらない。

人との触れ合いで世界はつくられている。