自立するということ

f:id:tureture30:20180926073450j:image

 

身の回りのことを自分でする。

誰にも迷惑をかけないで生きる。

それは社会的な自立、


それよりも大事なことは、

精神的に自立していること、


不安や孤独と向き合って、

それを乗り越えた経験を糧に生きること、


自分にはまだまだ足りないと痛感、


逃げ続けてきたツケを払っている。

自分らしさを別の何かに委ねてはいけない。


たとえそれがこの世界で一番素晴らしいものだとしても、


最後に自分の人生の責任を取るのは自分しかいない。

その責任感を確立することが、

精神的自立、


誰かに迷惑をかけるかもしれない。

身の回りのことができなくなるかもしれない。

老いれば嫌でもその様になるかもしれない。


社会的自立は必要だが、

人生の拠り所とするべきものは、

精神的自立、


精神的に自立している人の周りには、

その魅力に惹きつけられて、

世話する労を厭わない人で溢れているはず、


生まれるときも死ぬときも一人、


でも、生まれた瞬間から死ぬ瞬間まで、

人は誰かの支えで生きている。


社会的自立に縛られる必要はない。