どうもうまくいかない日

f:id:tureture30:20181026073050j:image

 

外出だから早く帰れるので、

色々と予定を組んでいたけれども、

どこに行っても混んでいる。


ご飯をどこで食べようとしてもタイミングが合わないし、

くじは連続で外すし、

ジムではあの子に会えないし、


運が悪いと思ってしまえば、

その積み重ねで、

「自分は運の悪い人間」だと思い込む。


「そんなこともあるさ」と割り切れば、

運が良いことにも目が向くようになる。


電車で角の席が空いていただとか、

無駄な買い物をしなくて済んだだとか、

会社に有意義な提案を持ち帰れるだとか、


運が良いこともたくさんあるはず、

ただ人は損をしたくないものだから、

運が悪いことにばかり目が向く。

 

良いことも悪いことも、

客観的に見つめ直すことが、

楽観主義への近道、


ポジティブに生きた方が、

たいてい幸せに生きられる。