盛大に乱れてしまった

f:id:tureture30:20181027081425j:image

 

まずいなぁ。

同僚と飲みに行って乱れてしまった。

 

他の同僚や会社の将来について、

盛大に愚痴を言ってしまった。

 

自分でも驚くくらい。

最近の鬱憤は凄まじく大きいものみたい。

ここまで乱れたのは久しぶり、

 

立場上、会社の色々なものが見えてしまう。

守秘義務は当然あるのだろうけど、

そんなことまで話してしまったなぁ。

 

つまるところコンプレックスに端を発した嫉妬、

それに加えてかなり調子に乗っているのかもしれない。

 

謙虚にひたむきに誠実にとは思うけれども、

不誠実さに対する寛容さが圧倒的に足りない。

正義ぶってそれを質したところで、

軋轢を生むだけ、

 

立場に不釣り合いに抱えなければならないことが大きすぎる。

けもわたのガッキーのように都合よく使われているのかもしれない。

 

「特別チーフクリエイター」

立場が上がり給料が上がったところで、

このわだかまりが晴れることはないのかも、

 

「関係のない人」と「関係のないこと」と、

割り切ることができれば楽なのに、

それが出来ない不器用さ、

 

そして無駄に大きな正義感、

不誠実さに寛容であることは果たして悪なのか。

もはやわからない。

 

無駄なものは極力持たないようにしたい。

 

同じように全てをさらけ出してくれて、

励まし合えた同僚に感謝、