優しい人と優しすぎる人の違い

f:id:tureture30:20181120075630j:image

 

後輩からの一言、

「ますをさんは優しすぎて時々怖いと思うことがありますよ。本当は怒ってるんじゃないかって、」


なるほどな。

優しい優しいとはよく言われるけれど、

この表現は初めてだな。


優しい人は「傷ついた経験を糧に生きている人」

優しすぎる人は「擦り切れてしまって周りに期待していない人」


たとえ期待を裏切られたとしても、

腹を立てる労力を考えたらリカバリしたほうが楽、

裏切られることを織り込んで行動している。


そう考えると大いに合点がいく。


なるべく傷つかないようにって、

行動はしても選択肢を狭めてばかり、


年を取れば自然と期待をしなくなるもの、

だけど自分に期待しなくなってはいけない。


今が幸せではないと感じているのであれば、

もう少し自分に期待をしても良いのかもしれない。


他人とぶつかってばかりいても良いことはないが、

優しすぎるのは自尊心の欠落、


もう少し自分の可能性を信じてあげたい。