誰がそう思うんですか?

f:id:tureture30:20181125121919j:image

 

勉強ができないといけません。

みんなと同じでないといけません。


「誰がそう思うんですか?」

そう思っているのは自分だけかもしれない。


個性が埋もれる現代で、

マイノリティへの理解が叫ばれ始めた。


いわば価値観の過渡期、

何を基準に生きたら良いのかわからない。


だからこそ、

自分の価値観を確立しなくてはならない。

そしてそれをアップデートし続けなければ、

成長は止まってしまう。


その価値観に従って生き方を決めることができれば、

きっと人生はもう少し楽しくなるのだろう。


難しいようだけど、

決してできないことではない。


「僕らは奇跡で生きている」


蜜に寄ってくるカブトムシのように、

本当に楽しそうに生きている人のところに、

人は寄ってくる。


その人が近くにいるだけで生きる糧となる。

そして誰もがそのように生きたいと願っている。


揺るがぬ幸せに満たされる、

 人生の達人を目指したい。