30代童貞こじらせ男の記録

散りゆくままに、徒然と、

頼りにされる人

f:id:tureture30:20181130074548j:image

 

目指してそうなるものではない。

好きに生きていたら自然とそうなっていた。

そういうもの、


不自然な形で一度そうなってしまうと、

その立場を守るために苦労する。


必要とされなくなったときに、

立場を手放すことができなければ醜いだけ、


自分が目指すものと一致していたときに、

少しばかり頼りにされて、

それに応えることができればいい。


何でもかんでも頼りにされたらたまったものではない。


人から頼りにされることが目的ではない。

あくまでも目的は「理想の自分」


応えられる期待にだけ応えられれば、

それでいい。