不安と性欲

f:id:tureture30:20181209094734j:image

 

ストレスが溜まるとイライラと同時にムラムラする。

それはおそらく自己肯定感が低くなるから、


ストレスは解決困難な課題に直面した時に生じる。

そうなると周りのせいにしたり、

力不足を嘆いたり、

自分の過去を否定したり、


自分を肯定してくれるものを望むようになる。


人としてのそれを望むならば、

話を聞いてくれる誰か、

それならばまだ健全、


ストレスが存在を脅かす不安に発展すると、

異性としてでもなんでも自分を肯定して欲しくなる。

自己防衛本能として性欲がわく。


自分の価値を安くみつもって、

性差を武器にコミュニティの有力者に尻尾を振ったり、

どうでもいい人と体を重ねたり、


人は自分の価値を信じられなくなった時、

とても弱くなる。


不安やストレスで弱っていると、

それを食い物にされてしまう。

誰かを食い物にしてしまう。

人を道具としか見なくなってしまう。


こんなに辛いのだから仕方がないって、

周りは自分に優しくしてくれるべきだって、

自分にそれを言い聞かせて正当化する。


そうならないようにするためには、

精神的に自立すること、


一人でも自分らしく輝く術を身に付けることができたならば、

それ自体がくだらない異性を寄せ付けないお守り、


本当に魅力的な自分になって、

本当に魅力的な人と結ばれたい。