病気に名前をつけたがる

f:id:tureture30:20181211082929j:image

 

検査をしても異常は見つからない。

自分に起きている症状はなんなのか。

それを特定することで安心しようとする。


不定愁訴自律神経失調症

発達障害神経症


でもそんなものは医者のさじ加減、

この傾向が強いからあなたはこれ、

これよりもこっちに近くなってきたからやっぱりこれ、


人によって感覚は違うし、

自分の感じ方も時によって変わるもの、

何よりあなたの苦しみはあなたにしかわからない。


大事なことは自分の中で対処法を見出すこと、


こういう時はこれをしちゃいけないとか、

この時期は体調を崩しやすいから気をつけるだとか、

ここまでだったら頑張れるかなだとか、

ここまでできたから自分を認めてあげようだとか、


100人いれば100通りの症状がある。


それを自分病と受け入れて、

一生付き合う覚悟で向き合った時、

状況は徐々に好転する。


「自分がどう見られるのか」

それにばかりこだわりすぎるから、

心が蝕まれてしまう。


「自分とは何者なのか」

結局はその問いに向き合うしかない。


その答えがある程度出るまでは、

自分の方が病気にしがみついているのかもしれない。


やるべきことがわからないから、

やりたいことがわからないから、

だから苦しむことで生きていることを実感する。


心が明後日の方向に行ってしまった時に、

それを正しく導くための防衛反応、


それを乗り越えた先に見える景色は、

きっと自分の居場所と胸を張って言える世界、


それは、自分がいるようでいなかった世界など、

忘れてしまうほどに居心地が良いはず、


これも100人いれば100通りの見解があるだろう。


いい加減なことは言えないが、

私はそう思う。