久々に泣いた

 

実は私にはずっと好きな人がいます。

会社の人です。

いくら忘れようとしても好きなのだと思います。

 

その人には彼氏がいます。

彼氏も会社の人です。


しばらく両思いの時期があったのだと思います。

でも私が行動を起こさないうちに、

彼氏の方からからアプローチして、

それで付き合うようになりました。


それから彼女は私を避けるようになりました。

傷つくくらいあからさまに、


私も避けるようになりました。

でも顔を見てしまうたびに、

好きだということを思い知らされて、

その気持ちを押し込めるために、

いろんな人に女性を紹介してもらいました。


進展しそうになると、

理由をつけて逃げ出しています。

いくら忘れようとしても、

彼女が心の何処かにいるのだと思います。


でも、やはり彼女の顔を見ると思い知らされます。

気まずそうに接する姿すら愛おしくて、

逃げ出したくなりました。

それでも無理して向き合いました。


そんな日にちょうど忘年会、

大して飲んでいないけれど、

例によって酒に弱くなったので、

家に帰って泣きました。

久々に泣きました。


避けていた分だけ、

好きな気持ちが溢れ出てきました。


なんでこうなってしまったのか。

毎日、好きな人を嫌いになる努力ばかりして、

諦めるために冷たい態度をとって、


好きになったほうが負けなのだと、

思い知らされました。


明日も紹介された女性と会います。

自分の不誠実さを隠して、

また先に進みそうになると逃げるのだと思います。


一人で生きられる強さが欲しい。

そうなれたならば悠々と生きられるのに、


でもそうなれないからこそ、

その弱さが人間たる証なのかもしれません。


幸せになりたい。

心から好きな人と結ばれたい。