死ぬと知りながら生きている

f:id:tureture30:20181228073243j:image

 

「下手したら死ぬ病気」と診断されて、

順調に快方に向かっている。


人は科学技術により死を遠ざけてきた。

でもそれには限りがある。


「健康で長生きしたい」

健全であれば誰もが抱く欲求、


やりたいことがたくさんあるから、

今いる場所が幸せだから、

苦しいのが嫌だから、


なんとなく当たり前のようにそう思うけれど、

死は課題としてすぐ隣に居続ける。


それと向き合わないように生きていたら、

それが訪れた時に後悔する。


それと向き合ってばかりいたら、

生きていることが楽しくなくなってしまう。


それを忘れてはいけないが、

それと向き合いすぎてもいけない。


どうしても向き合わないといけない時に、

それを受け入れられるくらいには、

相手のことを知っておきたい。


それとの距離感を自分なりに縮めていくこと、

それが生きるということなのかもしれない。

 

恐れてはいけないし、

仲良くなり過ぎてもいけない。

 

「死」という相棒は、

なんともまぁ、付き合いづらいやつ、