自身の暴力性と向き合う

f:id:tureture30:20190104073358j:image

 

支配欲や征服欲、

そのようなものがないといえば嘘になる。


誠実を語る前に、

相反するものと向き合う必要がある。


私の場合は不誠実さを許容できない。

そのような行為に対して暴力性が現れる。


明確な行動に出ることは少ないが、

態度で相手の存在を否定する。

改めるつもりのない人からは距離を置く。


それに気まずそうになる相手を見て溜飲を下げる。

よせば良いのに相手の不幸を願う。


「怒る」ことは少なくなったけれども、

一度怒ると「許す」ことがとても苦手、


聖人君子を目指しているわけではない。

でもこのままで良いとは思わない。


自分は自分、人は人、

そのように割り切れば簡単だけど、

それにも冷たさを感じる。


包み込むような器の大きさ、


相手がどうあれ、

自分は相手を裏切らないこと、

存在を否定しないこと、

かつ、必要以上に関わらないこと、


私にできることはそれしかない。