嫌いになった人を好きになることは難しいこと

f:id:tureture30:20190107073719j:image

 

一度「嫌い」とレッテルを貼ってしまうと、

それを剥がすのは難しい。


「どうでもいい人」を嫌いになったならば、

必要以上に関わらなければいいだけのこと、

無理に好きになる必要はない。


でも「好きだった人」を嫌いになってしまったら、

苦しい時間が続くはず、


「一瞬で冷めた」と言う人がいるけれども、

本気でそう思うならば、

それって本当に好きだったのか疑わしい。


シールだって剥がした跡って、

なかなかキレイにはならないもの、


思い出のシールを剥がしても、

剥がした跡は残ってしまう。


思い出のシールを剥がさないで、

その上から「嫌い」のレッテルを貼ってしまったら、

いつまでも忘れることはできない。


でも、寂しいからって安易に「好き」に戻ってはいけない。


「嫌い」のレッテルを剥がした跡を見つめながら、

それでもまた心から「好き」と思えるならば、

徐々に関係を戻せばいい。

 

どうしても戻れないならば、

「嫌い」が剥がれるのを待ってから、

その跡を心に刻んで、

また別の思い出を貼り重ねるしかない。


不安や寂しさに心を委ねてしまうと、

今度はもっと傷つくことになる。

 

男女はどちらかが好意を持ってしまった時点で、

元の関係には戻れない。