カタルシス

f:id:tureture30:20190113092344j:image

 

「憑き物が取れたみたい」

最近言われたこと、


価値観が大きく変わる出来事があったといえばあったけれど、

生活を整えていることのほうが大きい。


ここ2年半くらいかけて、

こだわりを手放してきた。


だいぶ身軽になったとは思うけれども、

まだ不要なものはあると感じる。


「不誠実さを許せないこと」


聞こえが良いかもしれないが、

発端は嫉妬であり過剰な自意識、

自分の価値観と違うものが許せないだけ、


大げさなことではない。

笑ってやり過ごしたほうがうまくいくことがほとんど、


それに縛られて不幸になるくらいなら、

さっさと捨ててしまいたい。


でも、正義ぶった生き方が板についているせいか、

なかなか手放せない。


振り返ってみると、

こだわりを捨てるたびに浄化されている気がする。


子供は価値観を手に入れることが成長だけれど、

大人は不要なものを手放すことが成長、


「誠実さ」との向き合い方

ブログを始めてからのテーマ、


ケリがつくまでには、

まだまだ時間は掛かりそう。