ただそれだけでいい

f:id:tureture30:20190118062815j:image

 

人はどんなに不安でも、

恋に落ちても、

天にも登るような喜びに包まれても、

悲しみに打ちひしがれても、

ご飯を食べるし、排泄をするし、限界がきたら寝る。


掃除はしなければならないし、

洗濯や洗い物はしなければならないし、

風呂にだって入る。


それをすること自体が苦痛なこともあるけれど、

それをすることで命を繋いでいる。


ひたすら咽び泣く夜があっても良い。

布団にうずくまり、ただただ考えを巡らせるだけの1日があっても良い。

怒りに支配されて人を憎んだり蔑むことがあっても良い。

 

ただご飯を食べて、排泄をして、限界がきたら寝る。

余力があれば掃除をして洗濯をして風呂に入る。


ただ丁寧にそれを続けていれば、

命を繋いでさえいれば、

今はただそれだけでいい。