アムリタ

f:id:tureture30:20190120121044j:image

 

よしもとばななさんの長編作、

友人に勧められて読了、


過去の自分を思い出せなくなるような経験、


主人公の朔美は頭を打って、

世界の見え方が変わってしまった。

そんなニュートラルな視点から捉える日常やら非日常、


示唆に富んだ表現が多く、

染み渡るような文章の美しさを感じた。


どんなにおかしな家庭環境の中でも、

家族がそれぞれの役割を担うならば、

日常は日常として形作られていく。


「私」が「私」でいさえすれば、

不幸であるはずがない。


「私」を直視することは苦しいけれども、

時間をかけてあるべきところに嵌っていく。


人は器のようなもの、


生きていれば、

悪意も善意も受け取って、

器の中を満たしていく。


それを自らがブレンドして、

「私」を形作っていく。

 

孤独と向き合うよりも、

孤独に寄り添うこと、

ギャラリーに必要以上に存在価値を委ねないこと、


登場人物はどんなに特殊に生きていても、

自分らしく生き続けて「私」を探し当てる。


誰しもがあるべき姿で、あるべき日常に溶け込んで、

ひだまりの中を歩くように穏やかに生きていける。


作者自身がものすごく思い悩んだ時期に書いたものらしい。

数年後にもう一度読むかもしれない。

そう思った数少ない作品、


「日常」を見失わないことが生きる糧であり力、


苦しさも楽しさも一瞬の出来事のように包み込んで、

日常はどこまでも続いていく。

 

日常に寄りかかるか、

それをただ煩わしく思うか。

 

日常から幸せのかけらを拾い集める力、

それを待つだけでだいぶ生きやすくなる気がする。

 

 

アムリタ(上) (新潮文庫)

アムリタ(上) (新潮文庫)

 

  

アムリタ(下) (新潮文庫)

アムリタ(下) (新潮文庫)