語学と表現力

f:id:tureture30:20190202070711j:image

 

「ボーッと生きているんじゃねー!」


あれがあまり好きではない。

ボーッとしてだけ生きている人などいない。


それぞれ経験から何かを学び知恵に変えている。

苦しみ、悲しみ、痛みがその人を形作る。

嬉しさ、楽しさ、幸福がその人を彩る。


自己開示の深さと正確さ、


自分の思いを正確にわかりやすく伝えることができれば、

相手も差はあれどそれに応じてくれるはず、


語学へのあこがれはあるけれど、

大して学んでは来なかった。


でも日本語だって、

自分の気持ちを正確に表現することは難しい。


ブログを続けていると、

自然と気持ちをアウトプットするようになる。


それを重ねることで、

その効果が言葉にも現れてくる。


最近、言葉を選んで話すことが増えた。


相手の心理を慮って、

自分の考えをどのように伝えれば響くのか。


もともと意見を求められれば多弁な性質、

配慮に欠けた言動に後悔することもある。


まだまだ言葉に詰まることはあるけれど、

これを続けていけば、

やがてそれが表現力と呼べるものになるだろう。


何も語学にだけこだわる必要はない。

それと同じくらい表現力も大事なもの、


人の心は小さな宇宙、


多くの人とつながることも魅力的だけど、

目の前の人と深くつながることも素敵なこと、


「自分の気持ちを深く正確に表現する力を身につける」


ブログを続ける目的がまた一つ増えた気がする。