西野カナ

f:id:tureture30:20190205063109j:image


最後のライブを終えて、

活動休止となった西野カナさん、


若い女性とは縁のないおっさんの私だが、

西野カナさんの曲が大好きだ。


西野カナが好きなおっさん」

それだけで結構なパワーワードかもしれない。


共感を呼ぶ歌詞で、

恋に揺れ動く乙女心を表現し、

大きく支持を広げた。


その曲は私にもたくさんの気持ちを呼び起こしてくれた。


「人を好きになるって素晴らしいこと、

でもとても切ないこと」


「好きな人と居られるだけで、

世界が輝いて見えること」


「思いが届かない辛さ、苦しさ、せつなさ、

日々を過ごすことに必死で涙を流す夜」


「好きな人には自分だけを見ていてほしいという、

真っ直ぐな気持ち」


最近は家族愛や夫婦、結婚について表現することが増えてきて、

恋を表現することに疲れてしまったのかもしれない。


人はずっと燃えるような恋をし続けることは難しいもの、


それを過ぎてしまったら主体者として、

その時代を生きる若者の声を作品に表すことは難しい。


「今の若い子の気持ちがわからない」

年をとるほどに思うこと、

でも求められる作品はそれを表したもの、


「一度作られたイメージを変えることはできない」

そのような葛藤があったのかもしれない。


宇多田ヒカルさんは「人間活動」をしてからの復帰で、

ガラリと変わった作風でも世界を魅了し続けている。


納得できない作品を世に送り出すことは、

アーティストとして許せないもの、


イメージをリセットして、

リアルな自分を表現したくなって、

それが世界に受け入れられれば、

それは素敵なこと、


そうならなくても、

幸せを噛み締めて、

自分の人生を生きることができれば、

それも素敵なこと、


こんなに真っ直ぐで素敵な詩を書ける人が、

幸せになれないはずがない。


走り続けてきた時を糧にして、

自分らしく素敵な人生を歩むことを切に願う。


最後に、

女性を信じられなくなったときに、

純粋で素直で打算のない女性に気持ちに触れることができて、

あなたの曲で救われました。


ありがとうございました。