未来に連なるということ

f:id:tureture30:20190212070542j:image

 

映画『未来のミライ』を見た。


序盤から退屈な展開、

赤ちゃん返りから兄としての成長を描くことが見え見え、


ただ、そこを入り口として、

親の成長やら、先祖の苦労やら、

未来に連なるという王道のようなテーマを一貫して描き切った。


家族としてのあり方、

親も子供と一緒に成長しているということ、

何か一つでも欠けていたら自分は存在していないということ、


子供は親の知らないところで、

色々なものを吸収している。

その過程を側で見守ることは大変だけど嬉しいこと、


子供が怪獣でいられることも、

安心できる家庭の証、


一緒に自転車に乗る練習をしたり、

家族で出かけたり、

奥さんの尻に敷かれたり、

子供が妹を守れる兄に成長したり、


その日常の何気ない一つ一つが、

未来に連なるということなのだろう。


苦労があって、

喜びがあって、

子供と一緒に成長して、

子供がまた愛する人と一緒になって、


そうやって家族の歴史を紡いでいく。

おそらくそういうことなのだろう。


もちろん素敵な生き方はたくさんある。

望んでもどうしようもないこともある。

別の方法で未来に連なることもできるだろう。


でも、なんだか、

結婚して、子供がいて、

そんな将来を安易に諦めたくないなと思った。


相手すらいないけれども、

自分が未来の終着駅になる運命なのかもしれないけれども、

もう少しだけ頑張ってみようと、

そう思った。