水泳なんてどうでもいい

f:id:tureture30:20190214070934j:image

 

白血病を公表した池江璃花子選手のおばあさんの言葉、

全くもってそのとおりだと思う。


日の丸を背負い世界と戦う若きアスリートだけに、

センセーショナルな報道のされ方、


「なんで私が」

そういう気持ちは簡単には拭えないもの、


私もそうだったが、

病気というものに前触れもなく理不尽に手足を縛られる。

その現実と向き合うだけでも重労働、

徐々に実感して、徐々に重みが増す。

「こんなはずじゃなかったのに」

その言葉と格闘する毎日、


心のうちはわからないが、

早くも彼女は「神様は乗り越えられない試練を与えない」

と前向きな発言、

焦らずにじっくりと向き合って着実に歩んで欲しい。


「ガッカリ」と発言した大臣が叩かれている。

言葉にすること自体が不適切極まりないが、

そういう気持ちが全くないといえば嘘になる。


大坂なおみさんの国籍問題もそうだが、

「自分と相手との関係性」

やはりそれが人を見る目を大きく左右する。


頑張っている姿に感動したから、

競技の経験があり、その大変さを知っているから、

夢と感動を与えてくれたから、

応援するきっかけはたくさんあるだろう。


おそらくそれが、

「自分と相手との関係性」


だけれども家族からしたら、

「大事な家族」以外の何物でもない。

 

「水泳なんてどうでもいい」

全くもってそのとおり、


大事な家族が幸せに長生きしてくれるならば、

元気でさえいてくれれば、

大抵のことはどうでもいい。


人より飛び抜けてできることがあると、

誰かの期待に応えようと思って生きてしまうのだろうけれども、

それができるのは足元が固まっているから、


まずは足元を固めるために、

元気で幸せになることに注力して、

余裕があれば誰かの期待に応えればいい。


「水泳なんてどうでもいい」

東京オリンピックに出られなくてもいい」

「幸せでいてくれればそれでいい」


とはいえ、

ここまで全てをかけて挑んできた水泳、

その舞台にまた戻って来られるならば、

全力で応援する。