誰かのせいにしていれば楽に生きられる

f:id:tureture30:20190223083044j:image

 

誰もやり方を教えてくれないから、

仕事ができないのは周りのせい、


向こうから先に距離をおいてきたのだから、

関係がうまくいかないのは向こうのせい、


私にかまってくれないから、

万引きするのはお母さんのせい、


お金がないのは、

賃金上昇、景気回復を謳って、

物価や税金ばかり上昇させる日本政府のせい、


いつだって誰かのせいにしていれば楽、

自分が変わらなくても幸せを錯覚できるのだから、


でも、どこかで気がついているはず、

そんなことをしたって一時しのぎに過ぎないこと、


気が付かないふりはそう長くは続かない。


先延ばしにすればするほど、

来た道を引き返すだけで一苦労、


一発逆転を夢見て、

人を道具としか見ない商売に手を染めたところで、

自分も道具に成り下がるだけ、


使い捨てにされて、

誰かのせいにできる理由を増やすだけ、


「自分は悪くない」

誰かのせいにできて良かったね。


別の悪くはない。

けれど良くもない。


行き詰まることはわかっていたのに、

そこから抜け出す努力をしなかったのだから、


たいていそう。

行き詰まる前に行き詰まることはわかっている。


そうなると心の置きどころはどんどん狭まって、

妥協してもしても追いつかなくなって、

最後の最後にプライドを担保に、

誰かのせいにしていたその誰かに泣きつく。


それでも誰かのせいにすることを辞められないと、

もはやなんのために生きているのかわからない。


心にもない「悪いと思っている」を武器にして、

人を傷つけることに鈍感になって、

使えるものは何でも使って、

ただただ生きるために生きる。


始まりはほんの些細なこと、

でも気がつくと深みにハマって抜け出せなくなる。


「自分の人生は自己責任」


周りに甘えることしか考えていなければ、

差し伸べられていた救いの手は、

みるみる数を減らして、

やがてゼロになる。


どこかで気がついてよ。

人間ではなくなってしまう前に、