価値あることを生み出さなければいけない

f:id:tureture30:20190227065832j:image

 

人は認められたい生き物、


一度何かで認められると、

脳内で快楽物質が分泌されて、

より「認められたい」と思うようになる。


特に子供はみんなそう。


身近な人、

多くの場合は親、兄弟、


その人たちが喜んでくれるから、

無邪気に拍手してくれるから、

自分にかまってくれるから、


だから一度褒められたことを何度も繰り返す。

時と場合など考える頭はない。

前に褒められたから良いことなんだと信じて、

認めてもらいたいから、

何度も何度も繰り返す。

 

悪意はないのだ。

ただただ周りに認めてほしいだけ、

「自分はここにいるんだよ」って、

気がついて欲しいだけ、

 

褒めたい時にだけ褒めるのは、

大人の身勝手なのかもしれない。


その純粋さが高じて、

「将来の夢」になんてなることもある。


学校で一番サッカーが上手いだとか、

将棋なら誰にも負けないだとか、

書いた絵がコンクールに入賞しただとか、


だけれども上には上がいるもので、

努力が認められなくなってしまうと、

いつの間にか描いた「夢」のことを忘れてしまう。


誰もが「夢の飼い主」だったはずなのに、

どこかでその役目を放棄してしまう。


「忘れないで、得意だったことを」

「忘れないで、好きだったことを」


そう言ってあなたの「夢」は待っているのかもしれない。

心の片隅の寒く薄暗いところで、

あなたが思い出してくれることを、


夢中になっていたこと、

没頭して気がつけば暗くなっていた日のこと、

褒められて誇らしかったときのこと、


たまにはそれを思い出してみるのも悪くない。


今の自分を形作っているもの、

間違いなく自分のルーツはそこにあるのだから、


「価値あることを生み出さなければいけない」


そんなことに必要以上に縛られるから、

楽しかったことを忘れてしまう。

楽しむことを忘れてしまう。


コモディティ化しない価値は、

自分が心から楽しいと思えるものの中にしかない。


心が弾まないから、

心を弾ませないような努力ばかりを重ねるから、

日常が色あせてしまう。


自分のルーツはどこにあるのか。

「何者なのか」を問う前に思い出さないといけない。


「ただ名前を呼んでくれるだけでいいんだよ

 ねぇそれだけ忘れないで」


どうせ努力をするならば、

ワクワクするものにその時間と労力を使いたいもの、


子供はみんなそれの天才、

教えてもらわなければいけないな。

 

天才だった頃の自分を思い出しながら、