ぶっつけ本番力

f:id:tureture30:20190301071403j:image

 

「この人はこのパターンか」

初対面の人でも少し話せば人となりを無意識に分類している。


悩みを相談しても、

「このパターンね」

大体答えを予想できてしまう。


歳をとるにつれて、

固定観念に囚われて「決めつける」ようになる。


「自信」を持つことは大事だけれど、

「過信」に変わったら成長は終わり、


先のことを見越して色々と準備して、

ある程度の精度でそれが当たるようになる。

そんなものは経験値を積めば当たり前、


もちろんそれをした上でだけども、

想定外のことに対処できる「ぶっつけ本番力」を身につけたい。


それがないから無難な選択に逃げる。

傷が一番浅くなる方法を経験的に選んで、

その結果、何も起こらずにただただ時間が過ぎていく。


ライフステージを先に進めたいのであれば、

どこかで勇気を出さなくてはいけない。

リスクを取らなくてはいけない。


かっこ悪くてもいい。

相手の気持ちがわからなくても良い。

自信がなくても良い。

 

いい加減に理解しないといけないな。

卑屈になるメカニズムを、

 

色々あったようで、

本質的なことは何もなく過ぎた2月、

 

この長い冬が終わるまでに、

何かを見つけて生きようと思ったけれど、

何かを見つけることもないままに、

 

ダンス・ダンス・ダンス

 

誰よりも上手く、ステップを間違わずに踊り続けないと、

どんどん硬くなって身動きが取れなくなる。

 

「上手く説明できないけれど、

とにかくあんたは踊り続けるしかない」


「好き」ならば「好き」とはっきり言える。

そんな生き方でありたい。

 

もうすぐ春なので、

ちょっと気取ってみることにしようか。