大量生産大量消費

f:id:tureture30:20190305071434j:image

 

ものが溢れかえっている。

情報が溢れかえっている。

取捨選択の機会が溢れかえっている。


何もかもが溢れかえっているから疲れるのだ。


とりあえず使えそうだから買ってみる。

とりあえず良さそうだからはじめてみる。

とりあえず予算が余っているから道路でも作ってみる。


人は「利便性」の代償として、

「忍耐力」を失う。


施設に入れば何でもやってくれるから、

お金を払っているんだから、

家族は会いに来てくれないし、


そうして生まれる「キレる高齢者」


子供は宝だから、

大事に育てないといけないから、

良い環境を与えて、社会保障を手厚くして、

「どうか子供を生んでください」


そうして生まれる「キレる若者」


暴走した競争社会、

もはや速度を緩めることは許されない。


だから社会から離脱して、

自分の時間を取り戻そうとする人が増えている。


でも、

それをしたところで、

一線で活躍する人に引け目を感じて、比べて、

自分をとぼしめて、


それでは本末転倒、


心を偽ってはいけない。

そして揺るがないくらいには強く育ててあげなければいけない。


その作業を続ける中で、

そこから生まれる何かを突き詰めることができるならば、

それはきっと幸せに通じるはず、


研修制度やら自己啓発やら読書やら、

そんなものに傾倒したところで、

自分で自分を育ててあげないと、

育った価値観は誰かの模倣品に過ぎない。


称賛が欲しいだけならばそれでいい。


けれども、

消えてはくれない虚しさを解消したいならば、

きっとそれだけでは足りないのだ。


ものに囲まれているから、

情報に囲まれているから、

その中から選ぶことばかりに固執してしまう。


巧妙な罠、


「選ばない」って選択肢だってある。


本当の答えは、

そのどこにもなくて、

自分の中にしかないのかもしれない。


なるほど、

いくら努力をしたところで、

虚しさが消えてくれないわけだ。