30代はダークサイドに落ちやすい

f:id:tureture30:20190308065301j:image

 

みずみずしい将来への希望をいだいた10代まで、

それを形にしようと奮起した20代、

そして大きな決断を迫られる30代、


本田健『30代にしておきたい17のこと』

たまたま書店で目につき手に取った。

それによると30代はダークサイドに落ちやすいみたい。


あまりにも忙しく環境が変わるから、

人生における重要な選択をいくつも迫られるから、

理想と現実のギャップに翻弄されるから、

自分の天井が見えてしまうから、


ある人は、

独立するか、雇われて生きていくか。

結婚するか、一人で生きていくか。

人生の岐路に立つ、

 

ハタチの頃に思い描いた30代の自分はどこへやら、

その体たらくぶりに目を覆いたくなる、

なんてこともあるだろう。


追い詰められると、

それまで飼いならしていたはずの暴力性が顔を出す。

自分にこんな一面があったのかと驚くほどに、

それは少し実感している。


社会で生きる術を身につける代償として、

人は「毒」を貯め込む。

それは身を守るための武器にもなるけれど、

知らないうちに自分のことをも蝕む。


ダークサイドに落ちてしまうと、

それが一気に噴出する。

そうなってしまったらコントロールすることは容易ではない。


いつも毒を撒き散らしているから、

周りを傷つけて、徐々に人が離れていって、

終いには取り返しのつかないことになっている。


飼いならしているうちはいい。

溜め込んでいる「毒」が多いほど、

大抵は「仕事ができる」ように見えるから、


だけれども、

目の前にいるこの人は、

電話口のこの人は、

画面の先のこの人は、

「生身の人間」であることを忘れてはならない。


自分と同じように、

脆く弱い生身の人間、


おそらくそれを忘れないことが、

「毒」を中和する唯一の方法、

 

「社会」の持つ魔力にのめり込んでいく。

体力は低下して健康管理が必要になる。

親も健康ではなくなってくる。

子供に人生の大半を費やすようになる。


どんどん自由が奪われて、

責任ばかり積み重なって、

逃げ場がなくなってしまう。


「毒」を無くすことはできないけれども、

少しでも軽減してあげないと、

気がつかないうちに、

人として大事な機能が麻痺してしまう。


歳を重ねるごとに、

方法を知っていても、

中和できなくなってしまう。


「30過ぎて何やっているんだか」

つい自嘲気味に口をついて出る言葉、


何をやったっていい。

まだまだあきらめたくないのだ。

 

「社会」でもがいて、

「毒」を飼いならすために中和しながら、

「幸せ」の定義を形作り、

それに向けての一歩一歩を確かめるように、

かつ大胆に踏み出す。


近づく実感があれば、

徐々に歩幅は狭まっていくはず、


それが30代なのかもしれない。

 

「助けて、オビ=ワン・ケノービ」

そうならないように「フォースと共にあらんことを」