自分だけが我慢すればいい

f:id:tureture30:20190314073100j:image

 

そんな状況が続くようならば、

それは不幸の始まり、

いや、もはや不幸なのだろう。


我慢できるうちはいい。

我慢することに使命感を感じているうちはまだいい。


だけれども、

そのことが原因で体調に支障をきたしたり、

消えてしまうことばかりを考えてしまうならば、

そろそろ限界が近いのかもしれない。


しなくてはいけない我慢はあるし、

その我慢が実を結ぶこともある。


だけれども、

我慢できる限界というものは個人差がある。


「みんな我慢しているから私も」

そういう考え方は身を滅ぼす。

 

我慢の理由が、

「家族を守るため」ならば、

家族でシェアすればいい。


それを、

「忙しいからそれどころではない」

そんな理由ではねつけていたら、

なんのために家族をしているのだろう。


すれ違ったら話し合い。

傷つけたら「ごめんなさい」

嬉しかったら「ありがとう」

どんなに嫌なことがあっても、

家を出るときは「いってきます」

帰ってきたら「ただいま」


そういう当たり前の積み重ねを忘れてはならない。


子供のことだって、

親のことだって、

相手のことだって、

二人で背負う覚悟をしたから一緒になったんでしょ。


それを片方だけが放棄するならば契約違反、

自分が守れていないと思うならば、

それも同じ、


犠牲になることは美徳ではない。

幸せになることが美徳であるべき、


「君と好きな人が100年続きますように」

 

誰かの陰の涙があって、

そのように思われて結ばれたかもしれないのに、

簡単に諦めて、傷つけあって、別れて、

そんなのは誰も救われない。

 

覚悟もないのに、

欲望を満たすために、

寂しさを紛らすために、

 

人の弱さがまた弱さを生み出す。

幸せを分け合うために一緒になったはずなのに、