人を惹きつけるけれど幸せにしない人

f:id:tureture30:20190317095415j:image

 

不思議な魅力があって、

自分は絶望の国に生まれてしまったかのように、

そんな雰囲気で周りを飲み込んで、

自分の世界に人を引きずり込んで、

自分のやり方が正しいんだと周りに思わせるような人、


おそらく人に流されずに、

ただただ真理を探求しているのだろう。

起きている間中ずっと、


その作業に没頭するあまり、

社会生活が疎かになって、

まるで霞を食べる仙人のよう、


人間味はある。

十分なほどに、


だけれども、

社会性がまったくない。


いくら多様な生き方が認められていると言っても、

社会的な基盤がなければ説得力はない。


社会生活を営んでいるということは、

安定感があるということ、


ストレッサーにさらされながらも、

やるべきことに取り組んで、

その対価として賃金を得ることを理解しているということ、


そこからはみ出して、

いわゆる「高等遊民」のような生き方をしていても、

そこから生み出された言葉で、

「今」を生きる人達は救われない。


人の生き方は様々なので、

それを否定するつもりはないけれども、

人を惹きつけるということは責任を伴うということ、


そのことに無自覚ならば、

自覚しないといけない。


意見を求められたならば率直に述べればいい。


だけれども、

人から自主性を奪ってはいけない。


そこを履き違えてしまったらただの洗脳、

人は常に自己存在に不安を抱えながら生きているもの、

そこに安易にもっともらしい答えを与えることは、

なんとも無責任なこと、


人の期待に応えることばかりに喜びを感じる人生は、

虚しさを拭えない。


喜びを感じているうちはまだいい。

そのうちにどんなにうまくやっても喜びを感じなくなってしまう。


どんなに使えるお金があって、

名声があって、

異性を選びたい放題、


それでも自分から求めたものは、

するりと指の間から抜け落ちてしまう。


村上春樹ダンス・ダンス・ダンス

あれだけ何でもうまくこなしていた五反田くんでさえ、

最後は自ら命を絶ってしまったのだ。

 

上手くやることばかりが目的になってしまうと、

その先には何も残らない。

 

何を差し置いても夢中になれるもの、

それがあれば本人は幸せなのかもしれない。

結局、生きがいとはそういうもの、

それは手放してはいけないもの、

 

たとえ周りに多少の迷惑をかけたとしても、

それは自分らしく生きるために、

仕方のないことなのかもしれないな。