毎日を後悔しないために

f:id:tureture30:20190320072858j:image

 

memento mori

死を忘れるな。


「我が身に命に及ぶ災難が降りかかった時、

今日に後悔はないのか」


そう問いかけてみると、

後悔ばかりの毎日を送っている気がする。


一番の後悔は自分ではわかっている。


もはやそれはどうしようもないのだけれども、

自分の中で噛み砕き、

消化することはまだできる。


消化不良が続いているのだ。


憎しみにまみれた食材ばかりを口にするから、

神経に触っては、

体調は悪くなるばかり、


ここ3年ほど、

耐え難い苦難にばかり遭う。

少なくとも私にとっては、


それは自分の課題と向き合っている証拠なのか。

ただの偶然なのかはわからない。


私の人生がガラリと変わった3年、

カルマと呼べるものが一気に吹き出た3年、

起こるべくして起きた3年なのかもしれない。


先週、縁談の話が来た。


どういうわけか、

こういう時に限って体調を崩す。

病気にかかる。邪魔が入る。


いつものように理由をつけて逃げ出すことは簡単だけれども、

ここいらで変わらないといけないのかもしれない。


運命というものがあるのならば、

それを自分の希望へと手繰り寄せるために、

覚悟を決めないといけないのかもしれない。


変えられないことはない。

私の世界は私の心ひとつなのだから、


そう思いつつも、

ビクビクしながらその日を待つ。


また邪魔が入ったっていい。

どう転んでも私は幸せを自分の手で手繰り寄せるのだ。

そう決めたのだ。