羽生結弦

f:id:tureture30:20190324092550j:image

 

「自分を認めてあげること」

当ブログのテーマとして掲げているものの一つ、


しかし、

「ノーミスでなければ羽生結弦ではない」

彼自身から出た言葉、


完璧な演技、前人未到の大技、

それを目指さなければ自分ではない。

それができなければ自分ではない。


セルフブランディングの達人だと思う。

そんな彼自身はもともと自信家でもなんでもないらしい。


そこから自分の理想像を作り出して、

それに押しつぶされずに結果を残し続けている。


それがどれほどすごいことか。


ここまでできたならば上出来、

人より進んでいるから安心、

そうやって心の拠り所を自然と作るもの、


そんな感覚は彼には微塵もないのだろう。


圧巻のフリーも今回の世界選手権では2位、

演技後の表情を見ると間違いなく納得の演技だったはず、


「自分の納得できる演技ができればいい」


そんな風潮が強い中で、

それでも悔しさを露わにした。


「とにかく勝ちたかった」

「もっと強くならないといけない」


アスリートとして栄華を極めるも、

彼の掲げる「羽生結弦」はこんなものではないのだろう。


柔和で可愛らしい風貌だが、

本当に男らしい。


「男らしさ」ってこういうことなのかもしれない。


イチローさんの引退会見にもあった。


「あくまで測りは自分の中にある。

それで自分なりにその測りを使いながら、

自分の限界を見ながら

ちょっと超えていくということを繰り返していく」


結果が出ても出なくても、


自分を鼓舞して、

自分に挑戦し続けて、

挫折を乗り越えて自分を信じて、


その先にはじめて、

「自分を認めてあげること」ができるのかもしれない。


これでまだ24歳、

人としてどこまで大きくなるのか。


心から尊敬する。