理性にばかり頼っていると直感が鈍ってしまう

f:id:tureture30:20190404065405j:image

 

心の声に耳を傾けることを忘れてはならない。

事あるごとに感じていることがあるはず、


それを間髪入れずに理性で押し殺しては、

「心が求めていること」が分からなくなる。

 

傀儡のように理性に操られて、

行く先は「みんなと同じ道」

 

「本当にそれでいいの?」


その道を歩いていれば前例はたくさんある。

周りを見渡せばお手本はたくさんいる。


そこから外れないように注意して、

自分を押し殺していればいい。

 

それだけでも決して「楽」とは言わない。

それだって大変な作業、

 

だけれども、

「心は満たされているの?」


そう問われたら、

間髪入れずに「NO」と言える。


リスクを負わずに生きていたって、

落ち着く先は大体そんなところ、


明日のことはわからない。

昨日のことは変わらない。

ならば今日くらいは自由に生きればいい。

 

その積み重ねがきっと、

「心の声に耳を傾ける」

その練習になるはず、


やるべきことはやらないといけないけれども、

それをするだけで満足してはいけない。


残った時間があるならば、

心の声に従って時間を使おう。


残る時間もないならば、

心に問いかけよう。

「夢中になれることはなんなの?」って、


それが見当たらないならば、

もう少しの間ガムシャラに走るべきなのかもしれない。


それに思い当たるものがあるならば、

思い切って「イマ」から飛び出す時期なのかもしれない。


「成功者の戯言」


それは結果論、


それが何かのヒントにはなっても、

人生を変えるのは自分でしかない。


気がつかないふりをしていたって、

心はいつだって何かを叫びたがっている。


言葉にできないその思いを、

形にするための努力を怠ってはいけない。


「理性」に従って、

誰かの言う通りにして、

うまくいかなかったら誰かのせいにして、


理想の自分から遠ざかって、

どんどん醜くなって、

どんどん自分を嫌いになってしまう。


「休みだけ自由、それも人生」なんて、

割り切るの?


「自由な時間」


そんなものはいくらでも目の前にある。

自分を雁字搦めにしているのは自分自身、