理想ばかりがどんどん高くなっていく

f:id:tureture30:20190411070314j:image

 

自分は周りとは違う。

これができたからあれもできるはず、


成功体験とともに、

どんどん理想が高くなっていく。


自分ならできるはず、

できないはずがないって、


なまじ挫折を経験していないと、

「手放すこと」が下手くそになって、

失敗したって「これが次の糧になる」って、

どんどん理想ばかりが独り歩きしてしまう。


だからどうしようもならないと、

自分のことがどんどん嫌いになって、

自尊感情は地に落ちていく。


バランス感覚を失った機体は、

フラフラしながらゆっくりと下降する。


余計な荷物を降ろしてあげないといけない。


そんなにたくさん持っていたって、

手に余るでしょ。


ほんの少しの大事なものだけを抱きしめて、

機体のバランスを立て直してあげないと、


「気がついているはず」


どれだけ「できる自分」を演出したところで、

何でもできるような天才ではないことを、


見えないところで努力して、

歯を食いしばって頑張って、

積み重ねたものが今の自分を作っている。


簡単に諦めたりするような、

そんなヤワではないでしょ。


頑張って耐えて、

なんとかしようと努力して、

それでもどうしようもなくて、

たどり着いた先が「イマ」のはず、


辛くて苦しい時間はしばらく続くもの、


「できる自分」を長いこと演出してきたから、

「できない自分」を認めてあげるのは一苦労、


だけれども、

その先にあるものに目を凝らしてみると、

少しづつ見えてくるはず、


「自分らしさ」という宝物が、


それを見つけようとして、

今まで頑張ってきたはずなのに、

いつしか目的は違うものにすり替えられていた。


誰かと比べて安心することにばかりこだわって、

舐められらいようにって、

認めてもらえるようにって、


「できる自分」はもちろん好き、

だけれども「できない自分」だって愛してあげないと、


自分の弱さを愛おしく思えたときに、

初めて自分を好きになれるもの、


好きなあの子の弱いところは愛しく思えるでしょ。

ならば自分にだって同じことができるはず、


「自分」にとって「自分」は特別だけれども、

そんな自分だって「みんな」の中のひとり、


過剰に自分を特別視してしまうと、

愛しすぎて、

馴れ合いすぎて、

期待しすぎて、

虐待しすぎて、

すべてが嫌になってしまう。


自分を信じるけれども、

期待しすぎないで、


愛してあげるけれども、

甘やかさないで、


頑張らせてあげるけれども、

虐待しないで、


生きるって難しい。