自分らしさを取り戻す

f:id:tureture30:20190413073429j:image

 

本来は人と関わることが好きで、

人の役に立つことに喜びを感じて、

人の中でこそ自分が成長できると信じている。


だけれども、

裏切られた経験が重なって、

女性不信になって、

心を開くことに臆病になって、

必要最低限のことしかやらなくなった。


それはとても不自然なこと、


人生の一側面に流されて、

積み重ねてきたものを手放してしまったら、

それまでの努力が水の泡、


ここ最近は少しずつ「自分らしさ」を取り戻せている気がする。


関わりたくない人はもちろんいる。

関わるたびに自分が醜くなってしまう、

そんな人、


取捨選択は幾らでもすればいい。

 

誰に対してもいい顔をして、

「それが成長」だなんて自分に言い聞かせて、

そんなことを続けていたら心が蝕まれてしまう。


どんなに傷つける結果になったとしても、

そんなことは知ったことではない。

それだけのことをしたのだから、

 

人の心に土足で踏み入って、

散らかすだけ散らかして、

外に面白そうなことを見つけたからって、

片付けもしないで去っていく。

 

楽しいことが終わってしまうと、

また散らかった部屋に戻ろうとするけれど、

今度はドアが開かないからって、

「トントントントン」ノックする。

 

部屋を散らかしたことなんて、

まるでなかったかのように、

しつこくノックする。

 

それでも開かないことがわかると、

「ドアが開かなくなったの」って、

周りに言いふらして、

まるでドアを開けない方が悪いかのよう、

 

あたかも被害者づらをして、

自分だけ幸せになろうとして、

居心地が悪いからって、

幸せの「邪魔をするな」と不快感をあらわにして、

なんの覚悟も見せずにノックを続けるだけ、

 

聞こえてくる言葉の一つでもあれば、

耳を傾ける用意はあるけれど、

響くのはただノックの音だけ、

 

見た目がいいから相手はすぐに捕まるけれど、

人を「不安を解消するための道具」にしか見ていない。

だからうまくいかない。


それはあなたの課題、

「私はあなたとは必要以上に関わりたくありません」


前に進むのだ。

ゼロに近い可能性に後ろ髪を引かれても何にもならない。


進む先を明らかにして、

辛く苦しい過去から脱するために、

前に進むのだ。


チャンスは簡単には舞い込んでこない。


次に巡ってくるまでの間、

後悔に苛まれながら、

辛く苦しい時間を過ごすのはもうたくさんだ。


いつだって掴み損ねる。

だから今回は掴み損なわない。


幸せで満たされれば、

辛い過去も苦しい経験も、

良い思い出に変わる。


「幸せを掴みたい」


自分らしく素直で誠実に、

人の中に飛び込んで、

 

幸せを掴みたい。
心からそう思う。