縁談のこと

f:id:tureture30:20190414064705j:image

 

自分の会話力に絶望した。

生活している分にはそんな経験は少ない。


かしこまるとダメ、

期待するからダメ、

会話がうまく続かない。


紹介してくれた知り合い夫婦は気を遣ってくれて、

同席しているうちはまだ良かったけれど、

2人になると途端に話が弾まない。


会話を続けるためだけの会話を続けて、

相手の方は気もそぞろな様子、


「退屈なのだろうな」


そう思いながらも中身のない会話を続ける。

とても気を遣わせてしまった。


初めはそんなものなのかもしれないけれど、

こういうものは「初め」で決まってしまうもの、


私から見た相手の印象は、

可もなく不可もなくという感じ、

そして周りにとても気配りをする人、


去年の方とは違い、

軽い気持ちで来たのではなく、

結婚について近いうちに真剣に考えているみたい。


そういう相手との縁談は貴重、

もう一度会いたいと思っている。


次に会う約束はしたけれども、

どうなるかはわからない。

少なくとも「今回は」楽しくはなかったはず、


普段の私はどちらかと言えば饒舌な方、

最近の女性不信はあっても、

仕事では女性とも問題なく会話を続けられる。


知り合い奥さんはほぼ同世代、

にも関わらず初対面でも難なく会話は弾んだ。


先に進むことのない相手とは問題ないのだろう。


むしろマダムからは好かれることが多い。

会社では「マダムキラー」と囃されたほど、


期待するからダメなのだ。

自然体でいられなくなる。


「失礼があったらいけない」だとか、

「ガッカリされたくない」だとか、

「よく見られたい」だとか、


そんな気持ちに支配されて、

守りに入ってしまう。


「素直に生きる」

「自分らしさを取り戻す」


直近はそんなテーマで記事を書いたけれど、

実践することの難しさを痛感、


次があるならば、

「誠実」やら「失礼」やらを気にするよりも、

お互いが楽しく過ごせるように努めよう。


こういうことにもステップがあって、

段階を一段一段、

地道に登らないと次に進めないのか。


自分の不器用さに嫌気が差す。


だけれどもそういう性質なのだから、

諦めるまでは地道にやるしかない。


「経験がないのだから当たり前」


そんな慰めを言い聞かせながらも、

踊り続けるしかないのだ。


体が固まってしまって、

身動きが取れなくなってしまう前に、


どうやら手足はまだ無事なようだ。


手足を動かし続けることで、

心に火が灯ればいいのだが、

 

※追記

お返事をいただいて、

少し先になりますが、

もう一度会っていただけるみたいです。