穏やかな恋

f:id:tureture30:20190415070611j:image


「この世界で一人ぼっち」

そう思ったとき、人は驚くほど弱くなる。


いけないとわかっていても、

どんな手にもすがらずにはいられないから、

どうでもいい人と体を重ねたり、


虚しいとわかっていても、

心の隙間を埋めたいから、

お金でそれを埋めようとする。


恋をすることに疲れてしまったならば、

しばらくはお休みすればいい。


だけれども、

毎日、毎日、生きるためにしなければいけないことは、

目の前に現れ続ける。


無理に人を好きになろうとしなくて良い。

先の未来にばかり思いを馳せていても、

苦しいだけでしょ。


それでも、

生きるためにしなければならないことからは、

逃げてはいけない。


日常に体を預けて、

そこにしがみついて、

ただただやるべきことを続けていれば、

いつの日か思いもよらぬところから、

光が差し込むかもしれない。


穏やかな恋をしたい。

でも、恋をしたいと思うと、

どうしたって穏やかではなくなってしまう。


だから自然に身を委ねて、

居心地の良い人と時を重ねれば良い。

 

それがきっとあなたにとっての良い人になるはず、

共に時間を重ねればその存在が光に変わるはず、

 

日常を大事にすること、

無理に周りに合わせる必要なんてない。


人を好きになることに、

人を好きになろうとすることに、

人から好きになられることに、

疲れてしまった。


相手が必要なことは、

必要以上に考えても仕方がない。

 

自然体で一緒に居られること、

それが一番大事なこと、