愛の証

f:id:tureture30:20190505092423j:image

 

友達夫婦の話、


ご飯の感想は素っ気ない。

髪を切っても気がつかない。

 

だから奥さんが気にかけて欲しいからって、

たまに体調の悪いフリをするらしい。


だけれども顔に出てしまうから、

旦那さんはそれをわかって軽くあしらう。


でも、本当に体調が悪い時は、

気にかけて、大事にして、看病してくれる。


奥さんの、

「気にかけてもらいたい」

それは好きって証、


旦那さんの、

「大事にしたい」

それは愛している証、


それと同時に、

お互いが「愛されている証」


何気ない日常だけれども、

「愛」が見え隠れしている。


隠してばかりだと不安を生み出してしまうから、

たまには「愛」をチラつかせたほうがいい。


「言わなくてもわかるでしょ」


男はそうなりがちだけれども、

たまには自分から手を繋いでみたり、

「そういうところが好きだよ」って、

「いつもありがとう」って、

愛の証を示してあげること、


「男女」を飛び越えた先に、

「家族」がある。


だけれども、

それを飛び越えた先に、

また「男女」があるのかもしれない。


「夫婦を越えてゆけ、

二人を越えてゆけ、

一人を越えてゆけ」


恋ダンスでも踊りながら、

お互いの「愛の証」を確認すればいい。


その作業を怠ると、

相手はただの「同居人」


相手に触れたいという気持ち、

それを素直に伝えたい。


たまには、

「愛の証」を見せ合って、

見せ合うのが恥ずかしいならばチラつかせて、

お互いが異性であることを忘れないで、

生きていくこと、


手を繋いだ老夫婦、

 

その姿に安らぎを感じるのは、

「憧れ」


相手に触れたいという気持ち、

それを見せ合うこと、

その作業を怠らないこと、

 

そうして生きていきたいと思う。


「愛の証」


それはいつだって心の中にあるはず、


たまには取り出して磨いてあげないと、

気がついたら取り出せないほど錆びついてしまう。

 

「気恥ずかしさ」よりも、

優先すべきものってあるはずでしょ。

 

「憧れ」を実現すること、

「そんなの今更」って思ったって、

 

わかったような気になっても、

いくら同じ時を重ねても、

他の人のことなんて、

わからないことの方が多いのだから、

 

大切に思っているのならば、

その気持ちを差し出すこと、

 

「突然どうしたの?」って言われたって、

人から大事に思われて嬉しくないはずはない。