私のことも信じられませんか?


f:id:tureture30:20190514073849j:image

 

※④の執筆は、

気持ちを落ち着けるのに時間がかかるため、

少し別の記事をはさみます。

 


ふと思い出したこと、


先輩行きつけの飲み屋に連れて行ってもらったときのことだった。


先輩を介して常連の女性と仲良くなり、

いろいろと女性関係で悩んでいることを話した。


話の中で、

「女性を信じられない」と口にした私に、

常連の女性からの一言、


「私のことも信じられませんか?」


続けて彼女はこういった。


「そう思っていたら、

ホントに好きになってくれた人がいたときに、

相手に対して失礼ですよ。」


そのとおりだな。


一部の不誠実さを盾にして、

すべての女性を否定している私の一言、


心のうちではそこまで思っていないけれども、

「言葉」はそれを形にしてしまう。


一回りくらい年上の人だった。


だけれどもとても純粋で、

傷つきながら言葉を大事に生きてきた人なのだろう。


結局2回しか会っていないけれども、

そういう印象の人だった。

 

少し気持ちを落ち着かせないと、

体がもたないな。