鈍感になりたい

f:id:tureture30:20190516065052j:image

 

人のいいところしか見えないくらいに、

食い物にされていることに気が付かないくらいに、


鈍感になりたい。


要らぬことに頭を悩まさなくて済むから、

心を傷つけられずに済むから、


だから、

鈍感になりたい。


だけれども、

鈍感に染まってしまうと、

知らないうちに誰かを傷つけてしまう。


それに気がつくこともできずに、

気がついたときには手遅れで、


それじゃあ、

あいつと同じになってしまう。

嫌いなあいつと、


鈍感になりたい。

だけれども人の痛みには鈍感になりたくない。


そのためには、

たくさん傷ついた経験をしなければならない。


だから、

今の苦しみはそのためのもの、


心を閉じてしまうと、

眼の前にフィルターが現れて、

何もかもが色あせて見えてしまう。


鈍感になって、

心をさらけ出して、

もう一度、世界の美しさに目を瞠って、

世界を信じられるようになって、


人の悪意や不誠実さ、

身勝手さ、


そんなものなんてものともせず、

悠々と生きていきたい。


だから私は、

自分の心に正直に、

人の痛みには敏感に、

そして人の視線には鈍感になりたい。


誰からどう思われたっていい。

私らしく生きるのだ。