不幸自慢

f:id:tureture30:20190518073937j:image

 

「これ以上何を失えば、心は許されるの」


そんなヒロイズム、


自分の価値を確かめるために、

「この失恋はとても大きなものだった」

そう思い込む。


何が変わるわけでもない。


自分のことが大好きだから、

いつだって自分で自分をお膳立て、


なんともご都合のよろしいことで、

涙が出てきてしまうほど、


「自分の人生は自分が主役」


だけれども、

そうドラマティックにばかり演出していたら、

心が疲れてしまう。


時には手を抜いたっていいじゃない。

むしろ大抵は手を抜いていたって問題ない。


真剣に生きることって、

深刻に生きることではない。


苦しみや悲しみを避けては通れないけれども、

喜びや楽しみだってたくさんあるはず、


それを遠くに追いやって、

「私はこれだけ傷ついています」だなんて、


みんなに傷を見せびらかしたところで、

そのうちみんなうんざりしてしまうでしょ。


「不幸自慢」


自慢できることが不幸しかないのならば、

そこから抜け出して、

その努力を自慢にすればいい。


不幸に存在価値を委ねてしまうと、

もっと不幸が舞い込んでくる。


そして不幸が舞い込んでくるたびに、

「それ見たことか」って、

苦しんでいるようで安心する。


不幸なしでは生きられなくなってしまうのだ。


「不幸に依存するな」


誰だって、

大なり小なり不幸を抱えている。


それを笑い飛ばして生きている人だっている。

そういう人のほうが魅力にあふれている。


だから、

いつまでも不幸にすがって過ごしていたって、

また新しい不幸が現れるたびに、

それに安心して生きるだけ、


どこかで変わらなければいけない。


不幸が舞い込んできたら、

心の底から苦しめばいい。


ここから這い上がってやるって、

それを原動力に変えればいい。


誰よりも幸せになるんだって、

そう決めて生きていればいい。


思い通りに行かなくて、

不幸の上に不幸が重なることもある。


だけれども、

頑張ってしあわせになろうとしている人の周りには、

必ず助けてくれる人がいるから、


だから、

その人達に存分に助けてもらって、

存分に感謝して、

今度は存分に助けてあげればいい。


「誰だって幸せになりたい」


だけれども、

それ以上に無価値であることが怖い。


「無価値よりも不幸のほうがマシ」


不幸が重なると、

そこから抜け出す気力もなくなって、

そう思ってしまいがちだけれども、


もしそう思って生きているならば、

それは間違っている。


それは間違っているよ。

絶対に、


苦しんだ人ほど、

幸せになる権利があるのだから、


そういう世の中になればいいのに、