見えるものが変わってくる

f:id:tureture30:20190521065623j:image

 

苦しむたびに、

つらい思いをするたびに、

世界が少しずつ形を変えていく。


所詮は自分から見える世界がすべて、


楽しい思い、

嬉しい思いをしたところで、

見える世界はあまり変わらない。


それはそれまで生きてきた世界を、

より鮮明に肯定する作業だから、


無邪気に泣き、

無邪気に笑う赤ん坊、

人はもともと世界は素晴らしいものだと信じて生まれてくる。


だけれども、

どこかのタイミングで、


「生きづらい」


そう思うときは必ず来る。


そう思うから、

自分から見える世界を変えて、

「自分の世界」を変容させて、

生きやすくしようと躍起になる。


大抵は、

その過程で「信じる」ことを恐れるようになる。


自分を守るために、

無条件で信じることを止めてしまって、

人を疑うことを覚える。


そうやって、

世界の見え方を変えていくのだ。


その経験が乏しいと、

洗礼を受けることになるのかもしれない。


あるときに、

思いもよらぬ人の悪意にさらされて、

再起不能に追い込まれる。


人を信じて生きていたから、

食い物にされて、

捨てられて、


その振れ幅が大きいほどに、

世界との距離感を掴むまでに時間がかかる。


一度狂ってしまった距離感を、

もう一度測り直すために、

過去をさかのぼって、

知らない世界に足を突っ込んで、

そうやって適切な距離感を模索する。


時間をかけて、

ゆっくりと、


その先にあるものが、

鬼か蛇か、仏か神か、

それはわからない。


だけれども、

そこで測り直した距離をもとに、

もう一度「生きていく」ことになる。


もしかしたらそれも間違えているのかもしれない。


間違えるたびに、

傷ついて、苦しんで、

もう一度、距離を測り直す。

 

正解なんてわからない。
人生はその繰り返し、


最後に笑って過ごすために、

後悔をしないように、

何度だって傷ついて、苦しんで、測り直して、


その先にあるものを信じて、


「終わりなき旅」


人生ってそういうものなのかな。