元カノ

f:id:tureture30:20190522065034j:image

 

学生時代の話、

唯一お付き合いをした彼女は3つ上、

1年浪人をしていたので学年は2つ上、


人生で一番相性の良かった同年代の女性かもしれない。


友達の期間が長かった。

お互い環境が変わってうまく行かなかったけれど、

あんなに自然と一緒に居られた女性はいなかった。


お互い学生のうちは、

常にメールをしていた。

話題が途切れずに、

他愛もないことで、

寝ても覚めてもずっと、


彼女に対してドキッとした瞬間がある。


二人でカラオケオールの帰り、

おかしなテンションだから、

私がよくわからないギャグを言った。


それに対して彼女もおかしなテンションだから、

全力でノリツッコミ、

そのやりとりがあまりにも自然で心地よく、

とても「いいな」と思った。


恋愛感情のようなものはあまり芽生えなかった。

(もちろん全くではないけれど)

最後まで友達感覚だった。


まだ若かったから、

そこに違和感があってか、

彼氏彼女にはなりきれなかった。


だけれども、

その先の「夫婦」って関係って、

きっとそういうもの、


あの頃は気が付かなかったのだろう。


これから先にも、

まだまだたくさんの出会いがあって、

忘れてしまう過去になる。

そう思っていたのかもしれない。


だけれども、

今になって思い出す。

「後悔」という彩りを添えて、


どうやら色あせてはくれないようだ。


恋愛って辛いもの、

それが過去のものだとしても、

いつまでも大事に「名前をつけて保存」

 

辛いからっていろんなものを引っ張り出して、

あの時ああしていたらなんて、
こじれてしまうな。


FaceBookではつながっているから、

地元に帰って結婚して、

子供が二人いることは知っている。


「年上の方が合っているよ」


最近よく言われる。

紹介できる層がそこだからということもあるけれど、


年上の方が、

私には合うのかな。


静かに高まる年上熱、