雨が嫌い

f:id:tureture30:20190525081438j:image

 

私は雨が嫌いだ。


電車は混むし、

服は濡れる。

傘を差すのも億劫だ。


先日、

東京で久々に雨が降った。


憂鬱な気分で、

家を出るけれど、

歩いていて、

ふと心地よさを感じる。


「まるで自分の代わりに空が泣いてくれているみたい」


なんだかそんな気がした。


泣きたくても涙が出ない。

素直に泣けるお年頃ではないのだ。


可愛い女の子でもない。

男がメソメソしていたところで、

誰も相手になどしてくれない。


素直な感情表現は、

下手になる一方だから、

一人になったところでそれは変わらない。


まるで、

自分のために流す涙など、

枯れ果ててしまったようだ。


だから、

「代わりに雨が泣いてくれているみたい」


そう思ったときに、

すっと心が軽くなった。


「雨降られ空にフラれ

びしょ濡れて歩いて行こう

新しい恋に向かって

明日は晴れるよ」


これからは少しだけ、

雨のことが好きになれそう。


なんだか子供に戻ったみたい。


次の雨が待ち遠しい。