「正しさ」は毒にも薬にもなる

f:id:tureture30:20190530072938j:image

 

グレーゾーンなくらいがちょうどいい。


あまりに規則で縛ったところで、

息苦しくなってしまう。


「正しさに取り憑かれて苦しそう」


久々に会った後輩がそうなっていた。


信念があるから、

人生が充実する。


だけれども、

信念にこだわるあまり、

それに殉じてしまうと、

息を吸うことさえ苦しくなってしまう。


「自分の正しさを人に話さずにはいられない」


たしかに正しい。

だけれども正しい事が正義にならないこともある。


ONE PIECEドンキホーテ・ドフラミンゴ

「正義は勝つって!?そりゃそうだろ!!

勝者だけが正義だ!!!」


道徳ではない。

勝ったほうが正義、

勝った方の都合のいいように事は運ぶから、


だからそんなものに殉じても仕方がない。


大事なことは「自分」が正しくあること、

人に強要しても仕方がない。


世の中には「利権」というものがあって、

それを掴んでいる人は、

自分の利益のためにそれを手放さない。


たとえ全体が悪くなることがわかっていても、

自分が良ければそれでいいのだ。


そういう人はたくさんいる。


だからそんなものに関わる時間があるならば、


「自分がどう生きるか」

それを考えることに時間を割けばいい。


無理に白黒つけようとすると大怪我の元、

白には白の立場があるけれど、

黒にだってそう。


その立場を奪おうとすれば、

泥仕合になる。


そんなことに消耗して時間を使うのはもったいない。


自分が何を経験して、どう感じて、

それをどう人生に活かすのか。


誰かの立場を奪うよりも、

そのことに集中すればいい。


理不尽に割を食うのはもうまっぴらだ。