無敵の人

f:id:tureture30:20190601072020j:image

 

失うものが何もないから、

何をしでかすかわからない。


そういう人を「無敵の人」というらしい。


先日起きてしまった凄惨な事件、


「死にたいならば自分だけで死ねばいいのに」

その考えに警鐘を鳴らした人がいた。


病理は「人を道具としてみてしまう弱さ」


犯人はもちろん、

「自分だけで死ねばいいのに」

その考えにもそれは垣間見える。


「自分と大切な人」

守れる範囲は所詮そこまで、


それは仕方のないことだけれども、

誰にだって心はある。


「自分と同じ弱い心を持った生身の人間」

それを忘れてはならない。


心をボロボロにした先にたどり着いた悲劇、


大切な人を理不尽に失う。

そこから憎しみが生まれる。


「憎むな」


そう言われてもそれは無理なこと、

憎むことしかできない時期だってある。


失った人にしかその悲しみはわからない。


世界には同じような悲しみが溢れていて、

人々の心は日々消耗するばかりで、

癒やされる機会があまりに少なすぎる。


だからこそ、

日常に散りばめられた幸せのかけらたちを、

目を凝らして見つけてあげるしかない。


小さなかけらかもしれないけれど、

拾い集めればいっぱしの幸せになる。


憎しみは憎しみを生むし、

人々の心は消耗する一方、


「無敵」なんかではない。


数多くの敵から追い詰められて追い詰められて、

最後に選んだ選択肢、


「無敵」


想像力が豊かになってしまったから、

勝手に妄想を広げて、

不必要に敵を作り続ける。


人は創造する力と引き換えに、

大きな苦しみを手にしてしまったのかもしれない。


みんながみんなに優しくなれて、

裏切られる心配なんて、

傷つけられる心配なんてしないでよくて、

 

「失うものは何もない」


そうではなくて、

「もともと争うべき敵などいない」


そういう意味で、

みんなが「無敵」になれたらいいのに、