自分のことを棚に上げて完璧を求めすぎ

f:id:tureture30:20190605064851j:image

 

一度、不信感が募ってしまうと、

厳しい目を向けるようになってしまう。


次は傷つけられないようにって、

嫌な目に合わないようにって、

自分を守るために必死になる。


その目で見てしまうと、

どうしたって歪んでしまう。


自分だって大してできるわけでもないのに、

人の粗ばかり探して「デキるやつ」気取り、


目隠しされて、

人の悪いところしか見えなくなって、

自分のことは棚に上げて、


先日相談に乗った女性が、

そのような状況に陥っていた。


「私って可哀想でしょ」

確かに酷い目にあったみたい。


「私は悪くないでしょ」

いいや、少しはあなたも悪いでしょ。


そうは言わなかったけれど、

自分のことを守るために、

どうやらそのことが見えなくなっているみたい。


「完璧を求めすぎ」


できないことってたくさんある。

不十分なところだってたくさんある。


振り返ってみたら、

自分だってできないことだらけでしょ。


それを「不信の目」でしか見られなくなって、

みんなが敵だって思い込んで、

どんどん追い詰められて、


「あなたが思っているよりも、

周りはあなたに対して無関心ですよ」


そのことを受け入れないといけない。


人はどうしたって、

「自分は特別」だと思いたがる。


自分の人生は自分が主役、

自分から見える世界がすべて、


だから仕方のないことだけれども、

少しは「自分も世界の一員」であることを、

知ってあげないといけない。


「幼稚な全能感」


それを捨て去ることができないまま大人になると、

それを捨て去るのに一苦労、


自分は大したことなくて、

できないことばっかりで、

頑張っても、頑張ってもできないことはあって、

周りの人たちだってそれは同じで、

人って不完全な生き物で、

 

誰から何を言われたって、

予想つくくらい悩んだはずだから、

心以外では受け止めているはず、


痛い目にあって、

辛い思いをして、

そこから逃げないで、

「あきらめる」ことを学んで、

そこで初めて「自分の存在」を認めてあげて、

 

あとは心だけだよ。

意地を張っているのは、


できなくたっていいじゃない。

にんげんだもの


ますを