「普通」ってなんだろう?

f:id:tureture30:20190606082647j:image

 

人はできるだけリスクを避けようとする。


傷ついた経験をしている人ほどその傾向は顕著、

これ以上は傷つきたくないから、

辛く苦しい思いはもうたくさんだから、

自分の居場所を確保するために躍起になる。


「ヤバいやつ」


そう判断されたら最後、

社会は容赦なく潰しにかかる。


まるで「ヤバいやつ」には、

人格など無いかのように、

執拗に、無機質に潰しにかかる。


「ヤバいやつ」


そう判断された人にだって、

心はあるはずなのに、


人間誰だってどこかしらおかしなところはある。


「ヤバいやつ」


そうレッテルを貼られると、

社会的に終わってしまうから、

そう思われないように必死で「普通」を装う。


だけれども、

その「普通」だって、

場所によって違うものだから、

いくつもの仮面を使い分けて、

場面、場面に適応しようとする。

 

そういうことばかりしていると、

そのうちに本当の自分がどれだかわからなくなる。


興味のない話に、

興味のあるふりをして、


面白くもない話に、

全力で笑っているふりをして、


会いたくもない相手に、

「また誘ってください」だなんて、

愛想を振りまいて、

 

「嫌い」って感情は、

心の奥底に押し殺して表には出させない。


「普通」ってなんだろう?

「普通」って、

自分にとっての当たり前、


それがみんなと少し違うからって、

簡単にそれまでの自分を捨ててしまっていいの?


もちろん、

自分が間違えていると思ったら、

自分の「普通」を書き換えればいい。


だけれども、

自分が間違えていると思わないのに、

大事に育ててきた自分の「普通」を、

誰かの「普通」に書き換えてしまっていいのかな。


安全なところで、

台本を読みながら、

役を演じて生きていたって、

虚しさを拭うことはできない。

 

そして、そのうちに、

役を演じていることにすら気がつかなくなる。

 

もはや自分は誰だかわからない。


心の何処かに穴が空いていると感じるならば、

虚無に飲み込まれてしまう前に、

「自分の言葉」で話をしよう。


用意されたセリフにはもう飽きたでしょ。


あなたに悪意がなければ、

人を食い物にしようとする意図がなければ、

その「自分の言葉」があなたの魅力になる。


自分の立ち位置を決めるのは、

自分の行動だけ、


「ヤバいやつ」になるか、

「魅力的な人」になるかはあなた次第、


「普通」ってなんだろう?


そう自分に問いかけることを止めてしまったら、

もはやそれは「普通」ではない。

 

役を演じる必要はある。

だけれども、

与えられた役を演じるだけの人生なんてまっぴら、