パズル

f:id:tureture30:20190609101443j:image

 

辛い。苦しい。

何か特別なことがあったわけではないのに、


いつだって夜、


夜中にふと目が覚めると、

たまらなく辛いことがある。


正体のわからないものが、

たまらなく怖くて、

心のざわつきを抑えることができなくて、

それを落ち着けるまでは寝付けない。


そんな時は、

まず呼吸を整える。


そして、

「大丈夫」って自分に言い聞かせる。


それでもダメだったら、

音楽の力に頼る。


朝まで目が覚めなければ、

何事もないはずなのに、

どうもそうはいかない夜がある。


睡眠は思考の整理、

その過程で何かに引っかかってしまうのだろうか。


思い当たることは一つ、


どんなに遠ざけようとしたって、

割り切ったように思ったって、

「あの子のこと」を考えているのだ。


もう結婚しているんだよ。

手の届かないところにいるんだよ。


そんなことは何度も言い聞かせている。

理屈ではないのだ。


いつになったらこの呪縛から解き放たれるのだろう。

どうやらまだ時間が足りないようだ。


変わりのピースで埋めようとしても、

形が合わずにうまくはまらない。


他のピースがかたどる空間は、

「あの子の形」


自分が変わるしかないのだ。


経験していないことを経験して、

価値観を少しずつアップデートして、

はまりそうなピースを見つけたら、

そのピースに合わせて他のピースを組み替えるのだ。


そうしなければ、

いつまで経っても前に進めない。


「理想の未来」


完成したパズルの絵柄はわからない。

完成するかどうかもわからない。

だけれどもそれを信じて歩みを進めるしかない。


いろんなピースを組み合わせて生きてきた。

その先の今、


新しいピースを組み合わせるために、

捨てなければならないピースがある。


そうやって頭を悩ませて、

いろんなことを諦めて、

いろんなことを掴み取って、


そうやって、

パズルを組み立てていく。


まだまだ時間をかけてもいい。

そういう種類の人間なのだ。


いろんなことを簡単に割り切って、

次への推進力に変えられるような人間ではない。


不器用なのだ。

たまらなく、

不器用なのだ。


そのままでいい。


じっくりと丁寧に、

世界で一番素敵なパズルを完成させよう。


自分にとって、

世界で一番素敵な相手と共に、